社労士資格試験においては、数年間土砂降り状態【3年目】

こんにちは

受験生にとっては、ゴールデンウィークは大きく勉強時間を稼げる時期であったと思います。

大変だとは思いますが、引き続き頑張ってください。

特に、複数年受験をされている方にとって、「こんな中年オヤジがいたが、この人に比べれば、自分のほうがまし」と思ってもらえればうれしいです。(私はMか?)

 

さて、エピソードとしては、3年目突入ということですが、2年目の内容は前回の投稿の通りです。

とにかく、精神的な切り替えにはそれなりの時間がかかりましたね。かなりひきづったかなと思いますが、そうはいっても、前を向き始めました。

3年目

まあ、こんなこともあるさと、3回目も同じ教育団体に申し込み。コース内容も同じでした。引き続きお金が厳しいこともありましたし・・・。資金源としては、2年目と同様に、なけなしの株の売却益で何とかしました。

ただ、この年は、仕事が特に大変忙しく、試験前日の23時ごろまで仕事をするくらいでした。(もう ヘトヘト)

また、今でも覚えているのですが、ちょうど、その年の法改正の内容について、当該内容の理解を深めるために、教育団体に質問したことがあるんです。

そしたら、その時の回答された方に

「それについては、出題の可能性はないので、大丈夫ですよ(深追いしなくてという意味だとは思いますが)」

という回答をもらいました。

「おっ、そうなんだ。じゃあ特に覚えることもしなくてもいいかな・・・」と勝手に思ったのが運の尽き。

そして、安心してノーケアで試験に臨んだところ、

「安心してください出題されていましたよ。。。(古い!)」マッマジで!!もう、ホント参りました。。。

ということで、結果は・・・

  • 択一45点:総得点基準クリア(科目別もOK)。
  • 選択21点:総得点クリア(科目別は3科目が基準未満)

・・・2年目に比べて悔しさはあまり感じませんでした。選択があまりにもできなかったため、そのような気にもなりませんでした。

こんなに手ごたえがない状況。ホント参りました。。。

「こりゃあ、一生合格なんてできないんじゃないか。。。どうする?自分(ガンダムの主人公であるアムロっぽい自分への問いかけ!まあ、ガンダム世代ならばわかりますよね??)」

最初の投稿でも述べました通り、2-3年で合格できる人が多いということを聞いていたので、リミットを超えてしまったことに空虚感を抱かざるを得ない、そんな状況でありました。

そんな中、改めて、自身を見つめなおすこととなりました。。。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。