レビュー(評価)未分類

電気自動車普及は今後さらに加速するのか【フランス政府が打ち出したガソリン車・ディーゼル車の販売打ち切りの方針を出して】

スポンサーリンク

こんにちは

 

先日、日経新聞に、「電気自動車普及へ仏決断 ガソリン車、40年までに販売禁止」の記事が掲載されました。

フランス政府が、2040年までにガソリン車やディーゼル車の販売をやめる方針だそうです。

 

結構刺激のある方針ですね。

 

自動車と言えば、ガソリンや軽油を燃料とするのがあたりまえでしたが、大きく方向転換を迎える、それも私が生きているかもしれない時期までにとは、驚きですね。

 

電気自動車普及の問題は航続距離とバッテリーの寿命!?

以前も、日産リーフのモニター体験をした記事を記載しました。

そんな中で、電気自動車普及において最も懸念したのは、航続距離ですね。

 

 

日産リーフの場合、30kwhと24kwhのバッテリー容量の2つが選べます。

  • 30kwhは280km
  • 24kwhは228km

の航続距離とカタログでは表記されています。

 

しかし、実際に私が乗った車では

  • 30kwhでは約180km
  • 24kwhでは約140km

の航続距離でした。(メーターに残りの航続距離が表示されます。)

 

普段乗っているガソリン車は、約500kmは走るので(走るかどうかは、走ってみなければわからない)、とても心配になりますね。

ただ、セカンドカーとしての使い方であれば、そんなに遠くに行く必要もないので、航続距離の心配のレベルは下がるかなと思います。

 

問題なのは、バッテリーの寿命ですね。

スマホでもなんでもそうですが、何回も充電をすると徐々にバッテリーが弱ってきます。日産ディーラーの社員の方にも聞きましたが、やはりバッテリーは弱っていくみたいです。

で、特に問題は、急速充電だそうです。

そうです、日産のディーラーや高速道路などに設置されている、あれのことです。

30分の急速充電ですので、比較的早く充電できるのですが、相当バッテリーに負荷をかけるみたいです。

なので、普段は、自宅で普通充電を勧めているようです。

 

いろいろなところで見る急速充電の電気ステーション。これについては、かなり充実してきています。

ということでバッテリーについても、卓越した技術で是非とも解決してほしいですね。

 

以上、「電気自動車普及は今後さらに加速するのか【フランス政府が打ち出したガソリン車・ディーゼル車の販売打ち切りの方針を出して】」でした。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です