かつての新入社員と飲みながら、今の新卒者の離職率を考える【厚生労働省 従業員(若年・一般)の職場定着】

こんにちは。

 

さて、最近ですが、株価が20千円を超えるなど、景気が上向き傾向にありますね。

また、ネットによる商品購入で宅配便が多く使われるようになったり、高齢社会のなかで、高齢者をサポートする仕事が多くなるなど、社会の変化もあって、人手不足がメディアをにぎわせていますね。

そのような中、人材採用ってかなり難しくなってきているわけで、一度採用した人材は、是非とも育成しながら活躍してもらいたいものですね。

 

特に、新卒社員であれば、なおさらです。

 

今は違いますが、以前の記事でも述べました通り、人事担当者でありました。

たまにですが、かつての新入社員と偶然会ったり、飲みに行ったりします。

そして、お互い話したりすると、とてもうれしくなりますね。

「〇〇さん(私のこと)がいなかったら、今の私はいませんでした・・・」

なんてことをリップサービスであっても言われると、大変うれしく思います。

一方で、いろいろな意味で、彼らの人生を変えてしまったことの責任を改めて感じます・・・。

ところで、今の新人はちゃんと活躍し続けているのでしょうか?

ということで、状況を調べてみました。

 

10年前とおおむね同じような離職傾向

厚生労働省の資料によりますと、卒業後3年以内に離職する人の割合は・・・

  • 中学卒で約6割
  • 高校卒で約4割
  • 大学卒で約3割

・・・となっており、いずれも高水準で推移しています。特に1年以内の離職率が高くなっています。

よく、7・5・3なんて言いましたね。おおむね同じ傾向なんですね。

 

離職理由も想定内ですね。

同じく、「若年者が初めて勤務した会社を辞めた主な理由(複数回答)」を見てみると、回答が多い順に・・・

  1. 労働時間・休日・休暇の条件が良くなかった 22.2%
  2. 人間関係がよくなかった 19.6%
  3. 仕事が自分に合わない 18.8%

・・・となっています。

やはり、労働環境は若い人にとって大変重要なことですね。

休みが取れなかったり、一日の労働時間が長かったりすると、疲れも取れないでしょうし、友達とも遊べないですね。そうすると、一気にモチベーションが下がり、辞めることを決めてしまうのでしょう。

3番目の「仕事が自分に合わない」というのは、少し不可解ですね。キャリアが短いのに、仕事が合う合わないのがわかるのでしょうか??(オジサン的な発想ですかね?)

 

 

いずれにしましても、未来のコア人材になってもらうように、我々先輩社員がしっかりとサポートしていきましょう。

なんといっても、子は宝ではないですが、若い人たちは宝ですから・・・。

 

以上、「かつての新入社員と飲みながら、今の新卒者の離職率を考える【厚生労働省 従業員(若年・一般)の職場定着】」でした。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。