健康診断 再診

定期健康診断結果の再診指示には従うべし

こんにちは。

 

会社では年に一度健康診断を実施しています。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、これは、労働安全衛生規則に規定されており、会社が行わなければならない義務の一つです。

<労働安全衛生規則>
第四十四条 事業者は、常時使用する労働者(第四十五条第一項に規定する労働者を除く。)に対し、一年以内ごとに一回、定期に、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない
一 既往歴及び業務歴の調査
二 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
三 身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査
四 胸部エックス線検査及び喀痰かくたん検査
五 血圧の測定
六 貧血検査
七 肝機能検査
八 血中脂質検査
九 血糖検査
十 尿検査
十一 心電図検査

 

そして、先日、健康診断結果が返ってきました。

 

何とか基準値クリア!!

昨年は肝機能がDランク(治療が必要)となっていましたが、今年はBランク(軽度異常)とほぼ正常値となりました。他の項目もAランク(異常なし)ということで、とりあえずよかったです。

それにしても、昨年は肝機能がDランクで会社からも受診を勧められたのですが、正直行っていません!!お酒を控えれば大丈夫かなと勝手に判断してしまいました。

ちなみに、原則はどのような対応なのでしょうか。

 

会社としては義務ではないが、定期健康診断の結果を踏まえて受診勧奨したほうがよい

健康診断結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針によりますと・・・

事業者は、就業上の措置を決定するに当たっては、できる限り詳しい情報に基づ
いて行うことが適当であることから、再検査又は精密検査を行う必要のある労働者に対して、当該再検査又は精密検査受診を勧奨するとともに、意見を聴く医師等に当該検査の結果を提出するよう働きかけることが適当である。

・・・とあり、義務ではなさそうです。

健康診断 再診

ただ、会社は従業員に対して安全配慮義務を負っていることから、積極的に再診を勧める等を行う必要がありますね。

ふと、配られた健康診断結果の送付状を見てみると、”治療が必要”といった結果が出た場合は、専門医を受診するよう案内がありました。

 

人事責任者だったときの経験

人事責任者だったときのことを思い出しました。

とある社員に対して、同じように再診を勧めました。最初は、仕事が忙しいといった理由をつけては再診しませんでしたが、強く勧めたところ、ようやく再診してくれました。そして、その結果、深刻な病気になりかけていたことが分かったのです。

こんな経験をしているにもかかわらず、立場が変わってしまうと、昨年のように再診せずに済ませてしまう自分がいます。弱い自分が見え隠れします。

 

また、冒頭では省いてしまいましたが、実は、身体計測でCランク(経過観察)をもらっています。腹囲が広がっている?!ようです。

ということで、先日より始めたランニングを通して、スリムなボディーを目指します!!

アシックス ライトレーサーを履きつぶす勢いで【ライニング始めました】

 

以上、「定期健康診断結果の再診指示には従うべし」でした。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。