レビュー(評価)厚生労働省省庁情報社労士試験

社労士試験申込者数と他資格試験申込者数を比較してみる

こんにちは。

前回、社労士試験申込者数が減少していることについて述べました。

2018年社労士試験受験申込者数はやっぱり減るのかな

では、他の資格試験の申込者数はどうなのかなと思って、調査してみました。

対象を「行政書士」と「中小企業診断士」を選択しました。

対象を選択した理由ですが、「行政書士」は2016年にお試し受験したということで資格の概要を知っていたため。そして、中小企業診断士については、私の現職務が企業全体の運営をしていることを踏まえ、今後受験を考えているためです。

  • 対象:行政書士と中小企業診断士(一次試験)
  • 内容:2010年の申込者を基準にして、その後の申込者数と比較

グラフを見ると、社労士と同様に行政書士も申込者数は基準年比で減少傾向ですね。

一方、中小企業診断士(一次)は2015年以降右肩上がりに転じています。

 

そういえば、かつて、サイムライ業が代替されることについて、述べたことがあります。

AIって人間以上に気が利くのか?【参考:日経新聞 AI時代のサムライ業(上)代替の危機 新事業に挑む 】

今回は、社労士と行政書士/中小企業診断士の申込者数の比較のみで述べてみましたが、他の資格も同じような傾向なんでしょうかね??

スポンサーリンク

 

いずれにしましても、社労士試験申込者数の減少傾向をチャンスと捉えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です