天気の良いゴールデンウィークだからこそ、長篠の歴史を学びに行く

スポンサーリンク

こんにちは

引き続き、長期連休真っただ中。

家族はすべて予定があり、無いのは私だけ…。

でも、計画を立てましたよ。歴史を学びに、いざ愛知県長篠へ!!

第52回長篠合戦のぼりまつり(2017/5/5)

52回ということで、半世紀以上実施しているイベントなんですね。ちなみに私は初めて行きました。

日本史でも有名な長篠の合戦は知っているのですが、あくまで机上でのことであり、ちょっとはわくわく感がありながら、車を走らせていきました。

やはり、新東名ができたことは、このイベントにとって、とてもフォローですね。新東名 新城インターから開催地まですごーくっ近い。

 

駐車場はインターから近くに停めるのがベター

ただ、駐車場は会場近くには無いので、離れたところに駐車したうえで、シャトルバスで会場まで行きます。(私は、インターから2分くらいのところにある、三菱電機の駐車場に停めました。駐車場代500円。シャトルバス代は無料)これは正解!!天気が良かったので、自転車で会場まで行くのもありかも。。。自転車だったら10-15minで行ける?!かな。

 

会場内外には、たくさんの幟(のぼり)がお出迎え

そこら中に幟が建てられています。なんだか、楽しくなりますね。

入口付近は多数の屋台がありました。今日はとても良い天気で冷たいものがたべたくなりますね。かき氷がたくさん売れてました。私はそれには目もくれず、見たいものがあったんです。

 

炎天下での開会式?へ参加

これが見たかったわけではありませんが、到着した時にちょうど、さまざまな鎧を着た人たちが式典会場?の広場に向けて歩いていたので、私も同じように歩いていきました。その後、式典が開催され、私も式典を見ました。

いやあ、なかなか直射日光は暑いですね。帽子をもって行けば良かったと反省。でも、式典に列席している鎧を着た人たちに比べればまだましかな。

新城市長や愛知県副知事の挨拶を聞いていて、印象に残るフレーズがありました。

「400数年前の風景を感じ・・・」

う~ん。確かに、この辺りは山が多く、きっと同じような雰囲気だったんだろうなと思い、昔の人たちに思いを馳せました。

様々な武将さんがいましたが、やはりいました!!私も毎週見ていますよ。

「井伊直虎」。井伊家ゆかりの地だそうです。そうなんですね。

 

迫力のある火縄銃演武。音の迫力にオヤジ(私)もビツクリ!!

以下の写真は米沢藩古式砲術保存会の皆さんによる演武でした。

いやあ、これが見たかったんですね。それにしても、迫力のある音!!そのものの音もそうですが、やはり、山々に響く音。これが迫力を増す要因かなと。

歴史を改めて知る。40数年生きているが、まだまだ世間知らずだ。

そもそも、長篠の戦いとは、武田勝頼軍が徳川軍の将である奥平貞昌が守る長篠城を包囲したことから始まっています。その後、織田・徳川の援軍が到着し、武田軍が攻め入るものの、銃撃にさらされて武田軍は敗退しました。奥平家は武田家や徳川家に囲まれた小さな武将だったため、生き残るためどちらかにつく必要があったようです。最初は、武田家についていましたが、その後、優勢である徳川家につくようになった、それがために、武田家が怒って、今回の長篠城を包囲したとのことです。

スポンサーリンク

う~ん。どの時代も誰につくかは重要ですね。

ところで、よく見る磔にされた人って誰?

式典会場でも掲載されていましたし、道中でも大きな看板に描かれている裸のおじさんは、実はとてもすごい人です。上述しましたが、織田・徳川軍の援軍を呼んだ人・・・

鳥居強右衛門(とりい すねえもん)さん

・・・です。

奥平家の家臣であり、援軍を要請すべく長篠城から豊川を泳いで抜け出して、岡崎まで行ったそうです。その後、戻ってくる道中で武田軍につかまってしまいます。

武田軍は鳥居さんに「援軍は来ないと言えば助ける」と伝えたそうです。

しかし、長篠城を前にして、鳥居さんは「援軍は間もなく来るぞ」と言い放ったそうです。結果、この地で磔となってしまったということです。

自分がその立場だったらできるのか。サラリーマンとして同じような立場になったときにそのようにできるのかと・・・

改めて鳥居さんは勇気を持ったすばらしい人だと思いました。

長篠城を後にして、鳥居強右衛門磔死の址に行きました。まさに、豊川を挟んで長篠城の真向いにありました。向こう岸にある長篠城からは火縄銃演武の銃声が大きく聞こえていました。

新城インター横の、道の駅「もっくる」

ホント、道の駅もにぎわっていましたねえ。

駐車場に入ろうとしても、すんなりとは入れませんでした。とはいっても、3minくらいで入れましたかね。

ちなみに、自動車のナンバープレートをもとに、どのエリアからきている人が多いかをリサーチしてみました。

※あくまでも私のざっくりリサーチですから、真剣に受け取らないように。

名古屋ナンバーが4割くらいでしたね。他は、岡崎とかもありました。他県もありましたが、やはり名古屋エリアから、新東名でさっと来れるんでしょうね。今、奥三河が熱い!!

道の駅としては頑張っていると思います。

おなかがすいたので、食堂へ。たくさんの人が並んでいたので、こりゃ待つなあと思っていました。

しかし、よく見ると、予約シートが提示してある場合は、ウェイティングがかかっているということです。今回については、ブッフェは予約シートがありまして、ラーメンはありませんでした。

確かに、ブッフェは魅力的ですが、私はさっと済ませたかったので、ラーメンを注文するために、列を素通りしてレジへ直行。ししラーメン780円(税込み)を注文しました。

しょうゆベースで細麺。しし肉は入っていましたが、ちょっと物足りないかなとは思いましたが、それでも十分おいしかったです。

ラーメンを食べた後は、デザートとして、新城茶の抹茶アイスクリーム350円(税込み)を食べました。甘さ控えめ。でも十分おいしいですね。

他にも、五平餅や焼き魚もありましたよ。大道芸もやってましたし。。。たくさんの人もいて、とても楽し気な雰囲気でしたね。

また、足湯もありましたよ。運転で疲れたお父さんには、足の疲れを癒せるんではないでしょうか。

 

落ち

家に帰って、子供たちに、鳥居強右衛門がすばらしいことを自慢げに話ししたら

「知っている・・・」

と言われてしまいました。

もっと勉強します。。。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。