未分類

郵便はがきの料金改定から考える、今後の物流の在り方

スポンサーリンク

こんにちは。

 

毎日、何かしらの郵便物(宅配便もありますが)が届きますが、

今日もそのノリで、郵便物の仕分けをしていました。

  • 住所変更の案内。あの人引越ししたんだ。転勤族で大変だな。
  • クレジットカードの請求書。月にどれだけ使ったか見たくないなあ。
  • ねんきん定期便か。そうか、誕生月だからな。
  • ビジネス週刊誌、これは宅配便だな。毎週来るけど、ホント読み切れないなあ。逆に作っている人ってすごいなあ。

 

あれ・・・なにこれ?

郵便はがきの値段が上がる??それも6月1日から

全然知りませんでした。。。まだまだ情報収集力が劣っていますね。だめだなあ。

 

変更内容

案内文を見ると、以下のように記載されています。

通常はがき・・・6月1日から62円(現行料金は52円)

年賀はがき・・・52円

あっ、年賀はがきは値上げしないんだ。これはよかったね。

うっ?但し書きか。どれどれ・・・

「年賀はがきの料金(52円)が適用されるのは、12月15日から翌年1月7日の間に差し出される次のものに限ります。」

  • 日本郵便が発行する年賀はがき
  • 通常はがきの表面に「年賀」の文字を朱記したもの

なるほど、期間内に差し出された年賀はがきについては、52円の据え置きなのか。それは良かった。

我が家で年賀状は大体200枚くらいを出すので、+10円/枚だと単純に2千円のプラス出費になってしまうので、助かりますね。

 

年賀状配達通は年々減少傾向

ちなみに、日本郵便のホームページで調べてみると、元旦での年賀配達物は年々減少しているとのことです。結構な減少率ですね。やっぱり、メールがどんどん増えているからですかね。

2015年  1,810百万通

2016年  1,742百万通

2017年  1,644百万通

こういう状況では、やはり値上げの選択を取るっていうわけにはいかなさそうですね。

 

定形外郵便物も料金が改定

新しく規格を作り、その規格内であれば据え置きまたは一部引き下げされるようです。逆に、規格外は新たに料金設定がされます。

規格の内容

長辺34cm 短辺25cm 厚さ3cm 重量1kg

例)

50g以内 現行料金 120円

規格内 120円

規格外 200円

バイク郵便配達再配達

料金改定の背景

日本郵便の説明によりますと・・・

近年、 人件費単価の上昇等により、郵便事業の収支が悪化している状況にあります。 また、大型の郵便物等の増加により、持戻り・再配達を行うことによるコストが増加しています。 このような状況を踏まえ、今後も安定的なサービスの提供を維持するため、郵便料金等の一部を改 定いたします。

・・・と説明しています。

昨今の物流関係の問題が、郵便事業にも影響しているんですね。

運び手である生産人口の減少や、ネットでの購入の増加、買い手の高齢化など社会が大きく変化している中、物流におけるラストワンマイルをどうするか。新技術である、ドローンや自動運転が今後どのような形で運用されるのか、私もなにかしらの形で貢献できればと思います。

 

以上、「郵便はがきの料金改定から考える、今後の物流の在り方」でした。

ラストワンマイル宅配不在

参考

日本郵便

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です