未分類

人手不足というキーワードから、人口推移を調査してみました。

こんにちは

 

2017年は景気が徐々に上向きになっている中で、人手不足が企業経営に大きく影響するなど、社会問題としてクローズアップされています。

 

以前にも記事でも述べました通り、郵便はがきも2017年6月より値上げするといった状況であり、深刻さを物語っています。

 

そこで、人手不足という観点から、日本の人口の推移を調べてみました。

 

数字を確認するととても心配になる

総務省統計局の「日本の統計2017」によりますと、2015年における人口は次の通りです。(「日本の統計2017」(総務省統計局)を加工して作成。以下同じ)

 

人口:127,095千人(男:61,842千人、女:65,253千人)

 

また、年齢3区分別人口と比率は以下の通りです。

 

0-14歳(年少人口):15,887千人(12.6%)

15-64(生産年齢人口):76,289千人(60.7%)

65歳以上(老年人口):33,465千人(26.6%)

 

活動が活発な生産年齢人口が約6割を占めており、安心してもよいかとおもいきや・・・1990年には85,904千人(69.7%)もいたのです。

この25年間で実に約10,000千人も減ってしまいました。

 

さらに・・・

2025年:70,845千人(58.7%)

2035年:63,430千人(56.6%)

2055年:47,063千人(51.2%)

・・・と、約40年後には生産年齢人口が50,000千人を割り込んでしまうという推計です。

スポンサーリンク

 

今の少子化の波は、未来に確実に影響を及ぼしていることになります。

 

もちろん、生産年齢人口が減っていく中で、

2055年には、老年人口比率は39.4%と約4割にまで到達すると推計しています。

 

この流れに対して、一国民として何かができるかと言えば、すぐに答えは出せませんが、数値を知るだけでも、何かしなければならない・・・という意識は上がります。

是非、これらのことを踏まえたうえで、国の取り組みを今一度理解したいと思います。

 

以上、「人手不足というキーワードから、人口推移を調査してみました。」でした。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です