未分類

父の日を機に考える、30年前の両親の想い

こんにちは。

 

明日、2017/6/18は「父の日」ということで、妻のすすめもあって、久しぶりに実家へ行くことになりました。

ちなみに、子供たちはテストを控え、自宅学習。妻はその監視。

ということで、私一人が実家へ行くことに。

両親とたわいもない会話を

おかげさまで、両親とも、今のところ元気に暮らしています。

ということで、昼食を3人で取ることになりました。

昼食は母が作ったおそば。

 

おそばを食べながら・・・

あーでもない。こーでもない。

・・・とホント意味がない会話をしました。

 

また、以前も述べましたが、大河ドラマ「直虎」のゆかりの寺である「龍潭寺」に行ったため、そのお土産を持参しました。

スポンサーリンク

私:「井伊家は1000年くらい続いているようだけど、ちなみに当家はどうなの?」

父:「そんなことはよくわからない・・・家系図はあるようだが・・・」

 

また、この年齢ならではかもしれませんが、相続の話になり、

母:「銀行から、相続に関する〇〇保険の提案があるけど」

私:「なにその〇〇保険は?」

母:「△△みたいだけど、あんまりよくわからない・・・」

 

なんともよくかみ合わない会話です。

自身もそんな〇〇保険のこと聞いたことがないので、一度調べなきゃと思いました。

 

約30年前は両親は、今の私の年齢だった

当たり前の話ですが、約30年前は両親ともが今の私や妻の年齢だったわけで、私は今の息子らの年齢だったということです。

そして、今、ようやく、両親がその当時考えていたことがなんとなくですが、わかる気がします。

  • 子供のこと
  • 家族のこと
  • 自身のこと
  • 仕事のこと
  • からだのこと
  • お金のこと

 

・・・いやあ、ミドル世代というのは考えることが多いですね!!

 

きっと、今の息子たちも、30年後には、私や妻が、今考えていることをわかってくれるかな・・・。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です