社労士試験申込者や受験者の減少は、なんだか不気味

申込者や受験者がどんどん減っていっている

申込者数や受験者数が公表されていますが、なんだか寂しい限りです・・・。

この10年で申込者・受験者は△15%。

 

想像でしかないですが・・・

  • 人口減によるそもそもの申込者の減少
  • 社労士に対する魅力の相対的な低下に伴う申込者や受験者の減少
  • 合格率の低下による受験者の減少

・・・などが理由なのかなあと。

試験だけを考えれば、ライバルは少ないほうが良いということも考えられなくもないです。

しかし、この国における、人にまつわる専門家になりうるであろう申込者や受験者が右肩下がりっていうのは、この国にとって将来的な不安につながると思ってしまうのは私だけでしょうか。

スポンサーリンク

ちなみに、以前の記事の中で、社労士業務も8割がAIに取って代わられるなんていうことでした。

一方で、ますます人手不足は深刻化する中において、人と人との関係をうまくコーディネートできるような領域をしっかりとサポートしていくことができれば、もっと魅力が増していくのでないかと思います。

ということで、なかなか的を得ていない内容になりましたが、この動きを引き続き見守っていきたいと思います。

スポンサーリンク

bright

40代 サラリーマン男子 現場から本社へ異動。 今までの視野を広げるため また、残りのサラリーマン人生を より輝かせるためブログを開始。 日本の人口としてボリュームゾーンである 第二次ベビーブーム世代の 思いや悩みに少しでも役立てられるような サイトを目指します。

コメントを残す