レビュー(評価)社労士試験

児童手当現況届が認定されました

こんにちは。

 

先日、児童手当現況届認定通知書が自宅に届きました。

今年は長男が高校に入学したので、次男の10千円/月のみとなりました。

スポンサーリンク

いずれにしましても、ありがたいことです・・・。

 

そういえば、2018年社労士試験 選択式問題社一で児童手当の額に関して出題されましたね。

11歳、8歳、5歳・・・3歳差ずつの3人の子供さんを育てている親御さんというシチュエーションは、出生率からすれば、少し現実味がないかもしれないですね。(私は子供が二人ということからのコメントになっています。ちなみに、私自身はそれこそ、3歳差ずつの3兄弟の長兄です。どうでもよいですが)

 

設問自体は、変化球がない感じですね。3歳以上小学校修了前のレンジに収まっていますし、

「3人目は15千円!!」

というおぼえかたでも、乗り切った問題ですね。

4歳、2歳、0歳だったら・・・私は答えられなかったかもしれません。

 

ということで、昨年も通知書が届いたことを機に、記事を書きましたが、その際、教育費について、調べてみました。お時間があれば、ご覧ください。

児童手当認定通知書が届いたことを機に家計への影響度を考えてみる

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です