手強すぎる社労士試験には、大勢で立ち向かったほうが良いという理屈

手強すぎる社労士試験には、大勢で立ち向かったほうが良いという理屈

こんにちは。

次の土日に実施される2019年度の社労士試験。

それにしても、社労士試験って、ホント手強いですね。

なにせ、合格率が一桁台ですから・・・。

「100人中、数人しか合格しないんだ~」

って、無意識のうちに計算してしまうのも無理はありません。

そして、自身以外の受験生に対して

「やるか・・・やられるか・・・」

スポンサーリンク

と思ってしまうこともあるかと思います。

でも、実は、違う捉え方もできるのではないでしょうか。

以前、述べた記事・・・ご覧ください。

スポンサーリンク

bright

40代 サラリーマン男子 現場から本社へ異動。 今までの視野を広げるため また、残りのサラリーマン人生を より輝かせるためブログを開始。 日本の人口としてボリュームゾーンである 第二次ベビーブーム世代の 思いや悩みに少しでも役立てられるような サイトを目指します。

コメントを残す