レビュー(評価)社労士試験

悔しい思いをした社労士試験だからこそ、ちょっと待ってー!!

こんにちは。

社労士試験が終わって、自身の結果を確認している(自己採点している)方も多いのではないでしょうか。

で、残念ながら、来年受験が確定してしまった方は、「よし、来年もがんばるぞ!」

という思いで、次年度のスタートラインに立っている状況かもしれません。

でも、ちょっとだけ待ったほうが良いと思います。

それは、どうして、残念な結果になってしまったのかを振り返らないままに、走り出してしまうと、また同じ過ちを犯す可能性があるということです。

・確保した勉強時間数は適切だったか

・勉強のやり方(覚え方/理解の仕方)は適切だったか

・テキストや問題集は十分に活用できたか

テキストや問題集は自身にフィットしていたか

・テキストや問題集に対して適切な投資ができたか

・モチベーション維持に問題はなかったか

・家族や職場など、自身を取り巻く関係者の理解は得られていたか

・・・

様々な角度から、検証が必要ですし、また、時期/時間軸(INPUT/OUTPUT/直前)によっても、各項目に対する評価は変わってくるかもしれませんので、そのような要素も入れ込んでみても良いでしょう。

ちなみに、振り返りは、粗く、ざっくりでもよいです。

だって、ち密にやりすぎると、振り返りがホント億劫になってしまいますので・・・。

いずれにしても、自身のことは自身が一番知っているという考え方に基づき、まずは社労士試験勉強の振り返り(自己評価)をしてみると、次回への社労士試験チャレンジにおける自身のおさえどころがあぶり出されるのではないでしょうか。。そこからでも、全然遅くありませんよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です