2021年度社労士試験選択式労一科目を見て思うこと

2021年度社労士試験選択式労一科目を見て思うこと

2021年度社労士試験受験、誠にお疲れさまでした。

毎年のことですが、試験直後に、SNS上には、「選択労一やられた!」「労一のみ割れ~」といった悲痛な声を目にしていましたので、一体どんな問題なのかと思っていました。

昨日、試験問題がアップされましたので、早速、労一選択式問題を見てみましたが・・・えっーーーて感じです。

特に、就職氷河期世代の年代を選ばせるなんて・・・やられた!と思うのもわかります。

「そこを抜くの??マジで?」

と私が受験生なら、間違いなく叫んでいます。

で、選択肢を見てみると・・・

①25以上-50未満 ②30以上-60未満 ③35以上-50未満 ④35以上-55未満

・・・。

まあ、①と②はないと即断します。①の25歳は下げすぎだし、②の60も上げすぎ・・・。

となると、③か④に絞れます。

ここからですが、私が、受験生だったら間違いなく③を選びます。

理由は、職務経験からであります。

というのも、若い時期(1990年代後半~2000年代前半)に、新卒採用に従事しており、

その期間は新卒採用数もかなり絞っていました。

ということもあり、そこから逆算すると、上は50歳付近ということになり、だから、③!となるわけです。

その勢いで、各種団体の解答をみましたが、④の55歳未満だって??

冗談じゃない!!

ウィキペディアでも1993-2005年卒が該当するって書いてあるじゃん・・・!?

うっ?

ちょっと待てよ。

1993年卒というと、1970年生まれ。

2020年でちょうど50歳。

事務連絡によると、令和5年3月末までの期限ということで、

その人たちが、期限年度で、53歳・・・だから、50歳未満ではなくて、55歳未満となるの??

う~ん。

なんだか、よくわからない・・・。

色々述べましたが、労一選択式問題(だけではなくて、選択肢)のいやらしさも、残念ながら社労士試験の特徴です。

広く浅くまんべんなく・・・というのが結局、労一対策になるということですかね。納得感はありませんが・・・。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です